北海道在住の夫婦が 自然あふれる地元の事や身の回りの事 趣味の事等々写真を交えながら綴ります。 楽しい事・うれしい事・ワクワクする事を見つけながら 小さな幸せの日々を積み重ねたい!と思う日々です。 我が家の次期車両 アウトランダーphevを手に入れたら 車中泊旅をしながら更に遠くまで行ってみたい!と願いつつ 妄想の日々も交えたブログです。

北海道春の訪れ

なかばぁです🎵

 

春めいてきた北海道十勝
我が家の庭、花達を紹介させてくださいね。

長い冬が終わって庭の花達が一斉に咲き始めるこの時期を
北海道の人達は首を長くして待ってます。(ブログと格闘している間に季節は進んでしまいました)

花達もお待たせ~~~~とでも言うように!
まるで先を争って居るように 咲いて呉れます。

やはり一番最初に咲いてくれるのは 福寿草です
花が咲き始めは 草丈10cm位です。
花が枯れると葉っぱを茂らせ20cm位に伸びてきます。
宿根草なので 毎年花が楽しめます。

福寿草と同じ頃に花芽を出すのは クロッカスです。
やはり草丈は10cm位から咲き始め 枯れるころに15㎝位に成ります。

球根なんだけれども 開花後種を付けて、こぼれ種で増えていくんです
やはり宿根草 こんな処に植えた記憶ない!! と最初のころは思ってました。
どんどん増えて行くので ご近所さんにおすそ分けしたりします

黄色・水色・紫・白が有ったんですが 自然交配されて
縞模様になったりしてます。

サンギナギア ケシ科
和名 カナダケシ
開花期間が短くて ハラハラ~~っと散ってしまう

草丈は15㎝位 茎・葉っぱ(開く前は)共にえんじ色
最初葉っぱは丸まっていて まるで蕾を守って居る様にも見えるんです。

花の見掛けとは全然違って 根は赤っぽくて太いの
なかばぁは、やって見たことは無いんですが

茎や根を切ると 赤っぽい汁が出てくるらしいです。
「ブロードルート」 血の根と呼ばれるそうです。

***山野草図鑑***から抜粋させて戴きました。

花が散ると葉っぱは大きく緑色に開いて 中心に種を着けています。

サンギナギア 此方は八重
やっぱり豪華です。

シラーシベリカ
球根の多年草で 草丈は20cm位
クロッカスと同様に細い葉っぱが出てきて
茎に2~4段の花を付けます

我が家のは3段で咲いて呉れるので
少ない数でも豪華に見えるんです
花色も大好きなブルーです。

花の奥側に白色も少し有ります。
増えて呉れるのが楽しみです。

チオノドクサ
此方はヒヤシンス科(ユリ科)って説明している所も有るので❓です。
名前の由来はギリシャ語で
チオン:chion(雪) と ドクサ:doxa(輝・栄光)の
2つからなっているそうです。
***優しい園芸***より抜粋させて戴きました

少しピンク色した チオノドクサです。
草丈は やはり15cm位です。

ジェファーソニア (竜田草)

やっぱり此方も草丈は15cm位の多年草
この子は日当たりの良い処に 今年1輪だけ突然咲いて呉れたの

元々の場所は 木の下で半日陰なのです。 まだまだ蕾も上がって無いんですよ。
思いも寄らない処に咲いてくれて 大喜びしています。

この子はなかなか増えなくて 少し過保護な位大切にして居たんです。

我が家は多年草が多いんです。
毎年花を咲かせて呉れるのがたのしみです。

こうしてブログに書いて 改めて気が付いたのは
草丈が小さな子達から咲き始めるんですよ~~。

今日も来てくれてありがとうございます。